この記事の所要時間: 353

当ブログをご覧の皆様、いつもありがとうございます。
副業ビジネスコンサルタントの田渕です。

 

今日は『今の自分をどう考える?』というテーマで、

会社員だった過去の自分を振り返りながら、現状把握の重要性についてお話します!

 

何も考えずに突っ走ってばかりでは、いつの間にか1年は過ぎ去っていきます。

一度、立ち止まって考える。

そんな機会をたまにはもちませんか?

 

遠くを見る人

サラリーマンの現状

まず、今のサラリーマンの現状(一般的な)を説明していきます。

結婚されている人の小遣いの平均は2~3万円くらいですかね。

 

ここから昼飯代、飲み会代を払っている方が多いと聞きます。

この状態では、金銭的にかなりカツカツで、

後輩に奢るのだって、実は厳しいっ!

っという方も多いのではないでしょうか。

 

それに、

お小遣い2-3万円っていうのは、高校生のお小遣いに毛が生えたレベル。

私はまだ結婚してないですが、お小遣い制度は嫌ですね(><)

 

自分が汗水流して稼いだお金を夫婦で共有して、

子育てしていくとしても、

2~3万円でどういったモチベーションで取り組んでいけば良いのか、

難しいところです。

 

サラリーマンの平均年収で言うと、
20代で296万円、30代で491万円くらいです。

 

自分の場合は、2年前の3月まで働いていて、

年収400万円前後だったのですが、時給に換算すると、

実にアルバイトさんの時給1,000円と一緒くらいでした。

 

低い給料に対して、ストレスを感じている人がまず考えるのが転職ですよね。

 

でも、

転職の80%は給料が下がると言われています。

転職で給料が上がるのは、ヘッドハンティング以外では難しいです。

 

私の場合、退職金制度がない会社だったし、

それらを総合して考えても、早く独立起業した方が良いという結論に

至ったわけです。※この時は副業を始めるという考えはありませんでした。

 

結婚後にかかるお金問題

結婚後の生活を考えると、

結婚には500万円+維持費がかかります。

500万円を貯金していないのであれば、

月5万円を9年間貯める必要があります。

 

子供が欲しいなら、1人を大学まで進学させるのに1500万円かかり、

私立なら2000万円かかり、月10万円を13年間使っていくことになります。

さらに、

東京都内で家を買うなら3,000~5,000万円かかります。
※頭金1000~1600万円

 

考えるだけで気が重い話です。

普通の20,30代にはそんなお金はないですよね?

親への仕送りで月10万円を送るとすると、

現実的に考えて、サラリーマン一本で生きていくのは

厳しいのです。

 

ですから、

冷静に現状を知ってほしいのです。

 

これからどんどん税金も上がってくるから、手取金は全然上がらない。

3つ上の先輩の手取りですら1万円しか変わらなかったし、

むしろ、よくわからない理由で降格に追いやられているのを見ると、

未来に不安しか感じなかった。

1年ごとに給料が上がるわけでもないですし。

 

私からのアドバイスは、転職ではなく、

まずは副業をしてみませんか?

 

ということです。

 

副業だったら、気軽に始められますし、

今だったら、ノーリスクで初心者でも稼ぎやすい
副業がでています。

 

今ならメルカリ無在庫転売がおすすめですね。

 

副業してることを会社にバレたくない!

っていう方は、投資をすれば良いです。

投資は副業ではないので、会社には伝わらないので安心です。

ブックメーカー投資はスポーツベッティングなので、

投資初心者におすすめです。

 

LINE@登録はこちら

田渕将俊公式LINE@を友達追加下さい。
副業・ネットビジネスに関する有益情報配信中!


携帯からはこちらをクリック!

友だち追加数

 

PCでご覧の方は、スマホでLINEを開き、
メニューの/その他/友だち追加/QRコード
から、下記QRコードを読み取りお願いします。

田渕将俊公式LINE@