この記事の所要時間: 353

当ブログをご覧の皆様、いつもありがとうございます。
副業ビジネスコンサルタントの田渕です。

今回は、

『儲かるビジネスとそうでない商売のたった一つの違い』

についてご説明します。

儲かるビジネスと儲からないビジネスのたった一つの違い

 

LTVとは何なのか?!

結論から申し上げますと、

たった一つの違いとは、「LTVを追求できているかどうか」です。

 

POINT!  LTVとは“Lifetime value(顧客生涯価値)”のこと。
つまり、「一人のお客さんが生涯にあなたに払ってくれる金額の合計」のことです。

 

利益は客数×LTVで決まります。

多くの人は客数を上げようとしますが、客数を爆発的に伸ばすのは難しいです。

 

それに比べるとLTVを上げるのは簡単です。

そもそもビジネスを始めるときに、LTVを高めに設定すればいいわけです。

 

LTV=平均客単価×利益率×平均リピート回数で決まりますが、

LTVをあげるにはどうすればいいか、3つの要素それぞれについて考えましょう。

 

 

LTVをあげる3つの要素

課題

LTVをあげる要素① 客単価

 

LTVをあげる要素として、まずは客単価についてです。

 

実は、これが一番ないがしろにされています。

 

儲かるビジネスは単価が高いのです。

不動産であったり、自動車販売、などがそうですよね。

 

実は、客単価1万円のビジネスと10万円のビジネスを比べて、

10万円の商品が1万円の商品の10倍売りにくいというわけではありません。

まずはこの点を理解しておく必要があります。

 

それなら、最初から10万円の客単価のビジネスをやったほうが、

さほどビジネススキルが高くない人でも利益はあがるのです。

 

しかし、実際は多くの人が低単価なビジネスをやってしまいます。

単価が下がるとLTVも下がってしまいます。

 

これからビジネスを始められる方は、

できれば単価の高いビジネスを選ばれた方が得策です。

基準として10万円以上の単価のビジネスがいいでしょう。

 

10万円の商材なんてどう作ったらいいかと思うかもしれませんが、

コーチング、英語教室など10万円以上の単価のビジネスを作るのは、

そんなに難しくありません。

私でしたら、試しに自分が興味のある10万円以上の商材を

買ってみます。そこから学べることは色々とあるものです。

 

LTVをあげる要素② 利益率

 

LTVをあげる要素②は、利益率です。

在庫を持つビジネスだとどうしても原価が高くなります。

 

私のオススメは動画や音声などのコンテンツビジネスです。

 

デジタルコンテンツは在庫がなく、原価もほぼかからない。

利益率もほぼ100%です。

 

LTVをあげる要素③ リピート回数

 

最後にLTVをあげる要素③、リピート回数についてです。

儲かっている人はリピートされる回数を増やしています。

 

リピート回数を増やすには、どうすればよいのでしょうか?

 

それは、リピートの仕組みを作ることです。

 

1回買ってもらったら、終わりではなく、

いかにリピートしてもらうのかを考えます。

 

これはどの企業でもやっていますね。

 

例えば、

ポイントカードを作ったり、

商品を買った数日後に家にサンキューDMが届いたり、

数か月後にクーポンが届いたり、

5000円のお試し英会話指導が終わったら、

つぎは10万円のオンラインスクールを提案されたり、などです。

 

このように、

バックエンドを次々と提案できるかがリピート購入を促すポイントになります。

 

以上、3つの要素を頭に置いて、LTVを高く設定することで、

儲かるビジネスを構築することができます。

これからビジネスをお考えの方の参考になれば幸いです。

 

LINE@登録はこちら

田渕将俊公式LINE@を友達追加下さい。
副業・ネットビジネスに関する有益情報配信中!


携帯からはこちらをクリック!

友だち追加数

 

PCでご覧の方は、スマホでLINEを開き、
メニューの/その他/友だち追加/QRコード
から、下記QRコードを読み取りお願いします。

田渕将俊公式LINE@